ノルディックウォーキングin入谷

224
3月6日、ひころの里は朝から霧雨模様です。
 
この日は、宮城県志津川自然の家主催事業の「ノルディックウォーキングin入谷」
に参加しました。
“自然を満喫しながら、ウォーキングをして健康で豊かなライフスタイルを確立しましょう!”というのが、コンセプトの一つです。
自然の家所長の挨拶の後、28名の参加者を代表して新潟県柏崎市の近藤さんが挨拶しました。
仕事のため気仙沼に来ていて、「日ごろ、現場で立っているだけなので運動不足を解消したい。」
と話されました。
 
インストラクター5名の皆さんの紹介の後、参加者は準備運動をしっかり行い、

 
初心者向けの「ゆっくりグループ」(歩く距離が約5.5㎞)と
経験を積んでいる、日頃から親しんでいる「健脚グループ」(歩く距離が約8㎞)に分かれます。
私は「ゆっくりコース」に参加しました。
出発が“校舎の宿 さんさん館”なのでバスに乗って移動しました。
インストラクターの方が、2本のポールを後ろに交互について、歩幅をしっかり確保して歩くように
実際に歩いて見せます。視線は前方です。
それでは「ゆっくりコース」出発進行~!

 
入谷の早春を満喫しながら、さんさん館からひころの里までを歩きます。
途中少し時雨れましたが、それも良し。
 
今回のコースには山の神平の「巨石」が入っており、初めて見た方は驚いていました。
その後、休憩地点では麦茶と地元のずんだあんの入っているお餅をいただきました。
 
さあ、あと一息です!!
 
お疲れ様でした。先に帰っている人たちがお出迎えです。これがいいですね!
皆さん達成感のにじみ出た良い笑顔です。
この後、クールダウンと言って整理運動を念入りに行いました。
これが非常に大切だということです、次の日に疲れを残さないように、
そして長ーく、ノルディックウォーキングに親しむことができますように!!
(西城)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓


  

いいね!して
南三陸を応援

フォローする