登米・南三陸フェスティバル

615
すっかり冬になり、車のフロントガラスも凍り始めました。
志津川湾にも越冬のため、たくさんの冬鳥たちがやって来ています。
同じく渡り鳥の越冬地として知られるお隣、登米市にも、
南三陸町のグルメやお土産品が楽しめる、物産館があるのをご存知でしょうか?
 
今回訪れたのは、登米市迫町佐沼にある「登米・南三陸フェスティバル」。
震災復興のため2012年にオープンした、登米市と南三陸町の物産を扱う物産館です。
 
 
店内には南三陸町産のカキやホタテ、タコなどの旬の水産物や、
加工品・お土産品が所狭しと並びます。

 
油麩やトマト、新米など、登米市の特産品や農産品もたくさん。
海・山・里をまたいで、旬の味わいがみんな揃ってしまいそうです!
 
店内奥はカフェスペースとなっており、軽食やコーヒー、お得なランチやお弁当も楽しめます。
 
広い飲食コーナーは時折イベントにも利用されており、この日は「第一回芸能文化祭」
という音楽・芸能のイベントでにぎわっていました。
生活の一部として気軽に行き来できる、まるで町内のように身近なお隣さん、登米市。
こんな場をきっかけに、今後も盛んな交流が図れると良いですね。
 ■店舗情報

年中無休 10:00~19:00
宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼105(ベルプラザ跡地)
TEL:0220-23-9227
(藤田)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で