旬の牡蠣で冬の食卓を満喫!

98
師走に入り、冬の気配が色濃くなる南三陸。
この時期から春先にかけて、各家庭のご馳走として欠かせない海産物といえば牡蠣ですね。
採れたての殻をむくと、びっしりと詰まった身に驚かされます。
それを、ひと口頬張れば、とろ~っととろけるような食感と、濃厚な甘みとともに広がる磯の風味に思わず目を細めてしまうほど。
「今年の牡蠣もいい感じに身が詰まってきました!町内外、楽しみにしているみなさんに楽しんでもらいたい
ですね。」と話すのは歌津の泊浜で養殖を営む高橋直哉さん。
この時期は、戸倉、志津川、歌津と町内それぞれの地区で牡蠣が出荷されています。
それは、山からのきれいな水がもたらす栄養分たっぷりな漁場のたまもの。
生食用としても出荷されていることがその品質の高さを証明しています。
生で、焼いて、蒸して、揚げて、鍋にして。
さまざまな料理で楽しむことのできるのも牡蠣の魅力のひとつ。
南三陸が誇る海の幸を味わって、冬の食卓を満喫してみませんか?
(浅野)

 

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする