劇団四季セミナーIN戸倉小学校

147
「みなさん!自分の話が相手に伝わらない時、ありませんか?」
11月9日(月)戸倉小学校に、あの劇団四季の方々が来てくださり、初めに笑顔でこう問いかけました。
戸小の児童たちを対象に『劇団四季セミナー』を行うため7名の方が来てくださいました。
震災の後、2011年8月にはミュージカル上演のため歌津中学校にも来てくださっています。
本日来ていただいた中には、気仙沼出身の小松さんの他に宮城県出身が2名います。
4時間目の授業時間、4年生から6年生37人が2階の多目的室で、
美しい日本語の話し方教室を学んでいました。
初めに劇団四季の方から「みなさんは話をしたときに、相手に思いが伝わらない時、ありますよね。」(思いが伝わらず、歯がゆい思いをすることもありますね)
「それには“話し言葉の練習”が必要なのです。」と話しました。
会ったばかりでも、グイグイ児童達の気持ちを引っ張っていきます。
 
「言葉を話すとき、母音と子音があります。母音には何と何があるか知っている人~。」
ちらほら手が上がりました。答えは“あ、い、う、え、お”。
この母音が大切なのだということ、そして真珠のネックレスを例に出して、言葉は1つ1つ別なのだけれども、話すことはそれを繋げること。気持ちを込めることの大切さを教えてくださいました。
セミナーはもう1か所でも行われていました。
体育館では低学年(1年生から3年生)が、歌唱・ダンスセミナーを受けていました。
仰向けになって、呼吸の仕方から。リラックスすると声が出やすいのでしょうか?
児童たちはどんどん教えられたことを吸収していきます。
好きな挨拶の言葉を大きな声で言いましょう! この男の子は『いただきます~!』
いいですね!! 発声練習もこういうのだと楽しいですね。  
  
ダンスの練習はお手本を見た後の10分間です。(けっこう短いですね)


 
  
短い練習時間なのに、みんな見事に踊りを発表しました!!素晴らしい!
劇団四季の方たちは、「必ず、また来ます。」とさわやかに帰っていきました。

(西城)
より多くの方に読んでいただけるよう

「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で