災害ボランティアセンター 大テント解体

154

南三陸では現在ソメイヨシノが7分咲き、ヤマザクラが2~3分咲きです。
見頃が週末まで持つとよいのですが。

さて4月上旬の雨の日、いつもと変わらぬような商工団地。

旧・南三陸町災害ボランティアセンター(以下・災害VC) 大テントでは
内部から解体が進められていました。
すでに設備等は片づいており、支柱と外幕を残すばかりです。

南三陸町社会福祉協議会事務局長 猪又隆弘さんにお話を伺いました。

「まだまだ綺麗なもんだろう。
 スウェーデン製の耐久性の高いテントだ。
 2011年の4月、WFP(国連世界食糧計画)の支援でここに建てられたんだよ。」

まだ震災の混乱冷めやらぬ頃。
大テントは災害VCの本部となり、世界中の人々を迎え入れました。
屋根に書かれた“W.F.P”の文字。
そこを目印に訪れた支援者たちは、4年間で14万3,000人に上ります。


世界からの支援のシンボルとして町を支え続けた大テント。
この春VCの規模縮小に伴い、解体の日を迎えました。

「これがなくなるということは復旧のフェーズが過ぎたということだ。
 今後は外部との連携を生かしつつ、町と人々が自立しなければならない。
 それだけ復興が進んでるってことだよ。」

しかし寂しいね、と猪又さんはテントを見上げるのでした。

解体も完了した週明け。
テントのあった土地はさっぱりと整えられ、次の工事を待っていました。

計画では、跡地にはこれから高台団地の連絡道路が通ることになっています。
きっと毎日たくさんの町民がここを行き来するのでしょう。

そして解体されたテントは気仙沼市の気仙沼向洋高校へ寄贈され、
野球部の練習場として活用されるのだそうです。
支援は巡り、バトンは次の走者に渡されます。

■南三陸町ボランティアセンター
住所  南三陸町志津川字沼田56
 (ベイサイドアリーナ駐車場内 南三陸町社協本部隣のコンテナ)
TEL 0226-46-4088 (8時30分〜16時)
サイト http://minamisanrikuvc.com/index.html

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする