戸倉さんたろ 汐だまり

253

昨日は中秋の名月でしたね。
みなさんは、昨日のお月様、見ることができましたか^^?

さて先日、戸倉地区を車で走っていた時のこと。
道中、椿島でお会いした後藤一磨さんをお見かけしました。

「庭仕事してたんだ。寄ってくかい?」

通してくださったのは『戸倉さんたろ 汐だまり』です。

南三陸木の家づくり互助会による板倉の家『汐だまり』。
徳島県の助成を受け、次世代型板倉建築の実証実験の一環として建設されました。

今年春の竣工以来、既に地域の集会や宿泊希望のボランティアさんなど
たくさんの人を迎え入れています。
一磨さんはここの管理人を務めていらっしゃるのだそうです。


12坪の建物に入ると強い木の香りがします。
瓦や建材に、木の家づくり互助会らしい天然素材へのこだわりがあるそうです。

「今回は断熱材に木の繊維を使っているんだよ。」

サンプルを見せてもらったところ、糸状に解した木材を四角く成形したものでした。
スポンジのような軽さ。
自然に還る素材のため、化学製品と比べて
シックハウスや処分時に発生する有害物質の心配がありません。

「この木は他県産だが
 こういったものが地域産材でも作れたら、町に産業と雇用が生まれるね。」

汐だまりには地元林業振興を目的としたモデルハウスとしての役割もあるのだそうです。

化粧室にはおがくず使用のバイオトイレ、土間には薪ストーブ・ロケットストーブ。
「この家のコンセプトは『自活』だ。
 ライフラインが絶たれても暮らしていけるように作ってあるんだよ。」

『自活』の取り組みは日々の施設管理にもみられます。

「庭石や排水路は、俺が一人でコツコツ作ってるんだ。」

素人大工だよ、と謙遜する一磨さんですが、その出来栄えはプロ並みです。


冬に備え、庭に積まれた薪。
その向こうに見えるのは、海!

「お客さんは皆この眺めに感激するんだ。
 桜の大木もあるし、今年は椿も植えた。咲いたらもっと絶景だろうねえ。」

自然との共生を体感できる『戸倉さんたろ 汐だまり』。
皆さんもぜひ一度、お越しください!

■南三陸木の家づくり互助会
 お問い合わせ: 事務局 清水信義さん(080-3086-1187)(メール:pad11dogcat@gmail.com
            事務局 渡辺啓さん(090-1219-5676)(メール:id0p0bi@gmail.com

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする