戸倉のいま(2014年9月)

78

今秋は台風16号の影響で全国的に大雨に見舞われましたね。
南三陸では暴風警報が発表されました。
その警報も解除されて秋晴れとなった朝、戸倉地区の撮影に出かけました。

波伝谷(はでんや)にはこの9月、念願の養殖カキ共同処理場が再建されました。

震災後、カキの殻むき・消毒等は仮設の処理場で行われてきました。
これからは作業や品質管理にかかる負担がずいぶん軽くなるだろうとのお話。
今年の生カキの初出荷は10月上旬頃だそうです。
待ち遠しいですね。

藤浜団地ではついに入居が始まりました。
少しずつ新しい生活がスタートしています。

その他の団地も工事が進められており、国道398号からその進捗が伺えます。
津の宮を通ると、津の宮合羽沢(つのみやかっぱざわ)団地が
美しい法面を見せていました。

クリーンセンター前では海沿いの工事が進んでいました。

折立川の河川工事もこれから本格化します。
飲食店・コンビニエンスストア等、川沿いの商店は移転や閉店が決まったそうです。
国道沿いの利用しやすい場所。
お世話になった方も多いのではないでしょうか。

折立川に降りると男性が釣り糸を垂らしていました。

「落ちアユを釣ってんだ。
落ちアユ知らんのか?山から下ってきたアユのことだ。
しかし今日は明るすぎるねえ。」

確かに陽差しが強く、まるで肌を刺すようです。
男性は魚影を求めて橋側へ移動していきました。
釣果が上がるといいですね。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする