町立病院・ケアセンター着工

219

復興工事のスピードアップに伴い、公道の通行止めや交通規制が一層増えてきました。
移動時間は多めに見積もった方がよさそうです。

そんな復興工事の中でも特に注目されているのが医療・福祉施設です。
先日7月14日、志津川地区沼田にて
町立病院・総合ケアセンター建設工事の安全祈願祭が執り行なわれました。
大型町営施設としては震災後初の着工となります。


建設予定地は志津川地区東工区東地区。
南三陸診療所の道路向かいです。
(去年11月の造成工事の記事はこちら)

海側にベッド数90床の町立南三陸病院(仮称)、内陸側に総合ケアセンターが建ち、
2つの施設を吹き抜けの共有スペース『みなさん通り』が繋ぎます。

医療と福祉の機能を集約させることで
利用者へのサービスの充実を図るほか、
災害時には人々の命を支える緊急拠点としての役割も担うことができます。


竣工は平成27年10月。
南三陸病院(仮称)は同年11月上旬、体制が整った部門から診療開始となる予定だそうです。
救急患者の受け入れ、婦人科の受診も可能となるとあって
町の人々から大きな期待が寄せられています。

誰もが安心・安全を実感できる町。
その目標の一つが、実現に近づいてきました。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする