鮭の捕獲施設

154

今週はずっと雨模様の天気。週末の台風には皆様くれぐれもお気をつけください。

10月下旬。志津川の八幡川に鮭の捕獲施設が設置されました。

これは志津川湾から遡上してくる鮭を捕獲して採卵するための施設で、鮭が帰ってくる12月下旬までの間、設置されています。

採卵した卵を稚魚として育てた後に放流すると、放流された稚魚の1%が、南三陸の川に4年後に戻ってくるのだそうです。(詳しい説明は、観光協会発行の会報誌「南三陸vol.6」に掲載されています。)

水尻川にも同じ施設が設置されました。

他にも今月中に、戸倉地区の水戸辺川に捕獲施設が設置され、戸倉の折立川には、鮭が遡上しないように止める施設を設置する予定だそうです。

南三陸生まれの鮭たちが、何千キロもの距離を旅して帰ってきます。

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする