大学生による卓球教室

217

夏休みだというのに、入谷小学校の体育館から人声が聴こえます。
中では卓球教室が開かれていました。

指導するのは大正大学卓球部女子部員の皆さん。
今年の選手権大会では団体部門全国16位に入った強豪校です。
東京から夏季合宿のために南三陸へ来町、
この日は志津川中学校の卓球部員14名へ練習指導を行なっていました。

町の中学生は日頃とてもシャイなのですが
見ていると皆、東京から来た大学生に進んで質問をしています。
「だってこんな強い人たちに教えてもらうチャンス、めったにないし」
嬉しそうに話す志中生たち。


大正大学キャプテンの藤井奈帆さんにお話を伺いました。
「卓球教室は今日で3日目です。
 初めは集中できない子もいましたが
 日を追うにつれ、皆どんどん意欲的になってきてくれています。

 学生だけでの指導は実は私達にとって初めての経験です。
 基礎の再確認や指導の仕方など、こちら側にも勉強になっています。
 それに子ども達が上達していく姿を見るのはやっぱり嬉しいですね。」

大正大学人間学部 落合教授は語ります。
「今後他の運動部も指導に入らせてもらいたいと考えています。
 こうして南三陸町で行なったプログラムは、将来
 全国で実施可能な『大学運動部による社会貢献』の一例となるはずです。」

大学生の皆さんは東京に戻っても、秋の大会に向け練習の日々だそうです。
お身体大事に。また来てくださいね!

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする