子ども自然史ワークショップ

147

強い日差しと蝉の声。
ようやく夏本番となったようです。

8月4日、ホテル観洋へやってきました。
南三陸ネイチャーセンター友の会主催の
「南三陸町子ども自然史ワークショップ」へお邪魔するためです。

もともと南三陸町では
ふるさと学習会、魚竜館など
子どもに自然を学んでもらうための取り組みが盛んでした。

施設・資料の多くが津波によって失われてからは
「このままでは学びの文化が途絶えてしまう」と
いくつもの教育団体や研究団体が体験学習の場を作ってきました。
今回のワークショップもその一つです。

この日は夏休み中の日曜日。家族連れのほか
友達同士やきょうだい同士で来た子どもさんも多い様子でした。

ワークショップは海の幸影絵・町鳥イヌワシの貼り絵など
南三陸の自然をモチーフにした5種類。
ボランティアの大学生や研究員の方の説明を受け、
遊びながら故郷の生き物に親しんでいきます。
魚拓を5回作った!という子も。





親子で合作する姿も見られました。
お父さんやお母さんも、小さい頃からこうして自然を学んできたのです。

このワークショップには、7月28日と8月4日の2回で
合わせて150人以上が来場したそうです。
すぐそばにある自然の貴重さを忘れないでほしいですね。
それは故郷への誇りにつながります。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする