HOPE FESTIVAL 2013

258

5月26日。
今月の福興市は初めて、伊里前商店街で開催されました。

今日はその会場で同時開催された
「HOPE FESTIVAL 2013」のお話を。

もともと南三陸では10年以上前から、町の若者達により
「ベイサイド・ロック・フェスティバル」という
音楽イベントが行われていました。

そこへ襲った震災、津波。
仲間も機材も失われた中、
「それでも音楽で地元を元気にしたい」と願う有志たちの手で
2011年10月29日に始まったのが
「HOPE FESTIVAL in 南三陸」です。

音楽のプロとして彼らを支えるのは支援集団「烏合の衆~東北援護射撃~」。
その仕掛け人、パンクバンド「JUNIOR」のGo!さんとお会いしました。

震災直後、音楽仲間の方と被災地へ物資支援を行ったGo!さん。
ミュージシャンとしての次の支援の方法を考えていた時、
南三陸のファンとツイッターで繋がったことが
このイベントのきっかけだったと言います。

演奏家の誘致や設備の支援など、Go!さんの呼びかけが
「HOPE FESTIVAL」の実現に大きな力を発揮しました。
ご自身の所属するバンド「JUNIOR」も
南三陸でのステージ出演は今回で3回目だそうです。

「若い人が音楽に触れられる機会を増やしたいんです。
 他所のライブとの融合も有りだと思うし、
 平成の森野球場を人でいっぱいにするようなフェスとかできたらいいですね。」

今年で3回目となった「HOPE FESTIVAL」。
10組の演奏者が参加し、福興市を盛り上げました。
Go!さん達東京からの出演者は
ファンの方々と30名以上でバスに乗り合わせていらしたそう。

南三陸町のバンド「LAヤンキース」メンバーであり
このイベントの実行委員長でもある
“よっちゃん”(下写真)はこう語ります。
「楽しいことしたいじゃないですか。
 地元の音楽好きが年1回集まれる場として、ずっと続けていきたいんです。」

出演者・観客誰もが「また来ます!」と宣言した今回のイベント。
もう次回が待ち遠しいです!

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする