ペレットストーブの支援

95

今日は暖かい一日。
春らしい陽気です。

今年の2月、戸倉の神割崎キャンプ場に、ペレットストーブの物資支援がありました。

これは24時間テレビによる災害支援の一つで、県内のNPOを介して
石巻近隣の複数の施設に支援が行われたそうです。
神割崎キャンプ場にも、ペレットストーブ1台と木質ペレット100袋が支援されました。
(木質ペレットの写真。詳しくはこちら)
しかしなぜ、夏場に営業するキャンプ場に、ペレットストーブが必要だったのでしょうか。
神割崎キャンプ場はもともと夏場の営業だけでしたが、
「山梨や滋賀などの遠方から、復旧作業のために来てくださる皆さんのために、
宿と食事くらいは提供したい」という思いで、
去年9月より初めて冬場のお客様を受け入れたそうです。
震災前には多目的ホールとして、会議や有事の避難場所として使っていた場所を
復旧工事や震災廃棄物処理のために来町している方々のための宿泊施設として用いました。
宿泊先が足りない特別な状況だったので、臨時で多目的ホールの旅館業の許可を受けたそう。
震災廃棄物の処理事業が一段落する今年の秋まで、常時4名から8名が宿泊される予定。
施設を管理していらっしゃる及川さんは語ります。
「ここの施設は今回の震災で被災したわけではないので、
寄付や物資のような、支援は受けていなかったんです。
当時はとても寒い時期で、燃料代に頭を抱えていたので大助かりでした。」
復興を支える方も、町外の方々によって支えられています
(安藤)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする