第19回たつがねMTB大会

211

南三陸、予報では今日明日と晴れるそうです。
シャトルバスに乗って田束山(たつがねさん)につつじを観に行く、なんていかがでしょう。

その田束山で先週末、この季節恒例のマウンテンバイクのレースが開催されました。

1995年に始まった「たつがねMTB大会」には
毎年100名ものランナーが参加し、美しい山野のコースを駆け抜けていました。

2011年の震災の影響により一時開催不可能となったものの
過去の参加者、また大会を愛する地元の人々によって2012年より再開。
「大好きなマウンテンバイクで復興支援ができるなら」と
今では東北・関東・関西から多くの愛好家が集まる大会となっています。

2013年5月12日に開催された「第19回たつがねMTB大会」。
この日は前方の走者も見えないほどの濃霧がたちこめ、足下はドロドロ。
完全なウエットコンディションの中、
160名のランナーが速さを競いました。


ビギナーメンズ1位 目黒太規さん(宮城県)
「小学生の頃、ジュニア部門で4位でした。
高校二年生になり久々に参加しましたが
よい成績が獲れて嬉しいです。」

ビギナーレディース1位 小澤希美さん(東京都)
「転んだ!きつーい!(笑)」

キッズメンズ1位 長谷川蓮くん(山形県)
「お兄ちゃん(ジュニアメンズ1位 稔くん)と
参加しました。
いつもおばあちゃんちの周りで練習しています。」
プライベート参加された元オリンピック日本代表
竹谷賢二さん(写真右)は
余裕の表情でエリートメンズ1位。
「よく考えられた滑らかなカーブ、適度な勾配。
ビギナーから上級者まで楽しめる
バランスのいいコースだね。」
ありがとうございます!

コースの整備は日頃、マウンテンバイクを愛する人々により行われています。
他県からわざわざ草刈りに来てくださる方も。
歴史あるレースが多くの繋がりを作ってきました。

「長く続く縁を作りたい」とはあるスタッフの方の言葉です。
「たつがねMTB大会」がこれからも愛され続けますように。

(日比谷) 

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする