戸倉のいま(5月)vol.1

80

本日は、ここ最近の戸倉地区の様子をお届けします。

戸倉の多くはリアス式海岸で、道路にも傾斜やカーブが多い地域。
国道398号線を石巻から志津川に向って北上していきます。
最初は長清水浜。真ん中のテントは漁師さんたちの作業場です。
長清水の水門はまだ残っていて堤防の計画高が掲示されています。
藤浜地区。どちらの地区も地形が似ていますが、
周りは山に囲まれていて、低地には家だけでなく漁師さんの作業場や田畑があります。
工事中の道路もチラホラ。
今の季節はタンポポをよく見かけます。
こんなにたくさん咲いているところも!!
津の宮の仮設住宅(約20戸)。
戸倉には、同規模の仮設住宅が他に5箇所と、
60~80戸規模の仮設が2箇所あります。
津の宮にある戸倉漁協。直販所「タブの木」が先日オープンしたばかりです。
それにしても、海がきれいです。
志津川自然の家からは、遠目に志津川の町が見えて、ここも良い景色。
まだまだ写真があって一日では紹介しきれませんでしたので、
この続きはまた明日にします^^
(安藤) 

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする