第24回 おいでヨ!南三陸 福興市

47

昨日までの暴風から一転。
今朝の南三陸は風も収まり、爽やかに晴れています。

 

2013年3月31日。
24回目となる福興市はベイサイドアリーナ脇駐車場にて開催されました。

久しぶりに冷え込んだこの日、昼にはぼたん雪が。
肩を濡らしながらも大勢のお客さんが笑顔を見せてくれました。

福興市に何度もご出演のサンプラザ中野くんは
今回も軽装でステージを盛り上げてくださいました。
ありがとうございます、どうかお風邪を召さぬように(;_;)

 

そしてお昼に行われた「ネバってネバって福興巻き」。
南三陸産のめかぶと納豆を使い
20メートルののり巻きを作ろうというものです。

20メートルとは、2年前に町を襲った津波の高さ。
「そんなもの巻いて食ってしまえ」と
宮城、東京、横浜などから38人のお客さんが巻き手に立候補しました。

この日のために用意された20メートルの海苔が敷かれ・・・

町内産ひとめぼれを使ったシャリを拡げます。
「薄く拡げるの難しいなあ」「ごはん足りませーん」
巻き手の皆さん、慌てないで!

そこへ具となるめかぶ納豆が一直線に引かれます。

めかぶは志津川湾で獲れた新鮮なもの。
納豆は入谷産の希少種ミヤギシロメ、40パック分です。


海苔の端を一斉に・・・くるり。

20メートルの福興巻き作り、大成功です!

「津波なんか食っちまえ!」
「おめら海の方さ向いて食え!」
「ネバネバネバーーーギブアップ!」
福興巻きは早速お客さんたちへ振舞われ、
あっという間に皆さんのお腹に納まってしまいました。




 

2011年4月から毎月欠かさず開催されてきた福興市。
次回で2周年を迎えます。
めかぶ納豆のように粘り強い町の皆さん、ご協力者の皆さん、
また月末お会いしましょう!




 

(日比谷)

いいね!して
南三陸を応援

フォローする