漁協直販所オープン

407

町中の花が一斉に咲き始めました。
水仙、梅、椿、桜。
この週末は贅沢なお花見ができそうです。

さて先週4月14日。
戸倉地区津の宮(とぐらちくつのみや)に
町内で初めてとなる漁協直販所がオープンしました。

わかめやホタテ、牡蠣などの養殖が盛んな戸倉地区ですが
震災ののち、地区内で再開したお店はまだ数えるほどです。

「新鮮で安全な海産物を低価格で販売することで
 戸倉地区に人を呼びたい。」

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンの支援を受け
津の宮漁港に仮設直販所を設置。
漁港目前、青島に群生する天然記念物にちなみ
お店は「タブの木」と名付けられました。

(左奥が青島です)

オープン初日、
三陸わかめや初物の銀鮭が並ぶなか、目玉はホヤ。
震災後ほとんど獲れなかったホヤがこの日は1500個用意されました。

2年ぶりの販売を聞いて駆けつけたお客さんは
「あんだ食べ方知っでる?うめのよーこれ。」
売り場の長い順番待ちでも上機嫌です。

駐車場には仙台ナンバーや他県ナンバーの車もみられ、
遠くから海の幸を楽しみに来てくださったことが伺えます。
ホヤはあまりの売れ行きに急遽追加分が運び込まれ、
結果1日で4000個以上売れてしまったそうです。
多くの方が戸倉「タブの木」のファンになりますように。




漁協直販所 タブの木
宮城県本吉郡南三陸町戸倉津の宮5
営業時間:10:00~16:00
定休日:水曜日
電話:0226-47-3521

(日比谷) 

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



 
 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする