歌津折り鶴プロジェクト

234

空はくもり空ですが、暖かくすごしやすい日が続きます。

国道45号を志津川方面から歌津伊里前地区への入り口。「全世界のみなさんありがとう」という看板と
色とりどりの簾(すだれ)が見えてきます。

看板は「たくさんの支援に対する感謝の気持ち」と、地区の子どもたちの手作り。

簾は、実はたくさんの折り鶴が連なったもの。「歌津折り鶴プロジェクト」として、2012年3月から飾られています。

折り鶴は、個人ボランティアの方の呼びかけで震災犠牲者の鎮魂と地域の交流が続くことを願い、世界中のみなさんから集められました。これまでにおよそ15万羽もの鶴が集まったそうです。

一部は伊里前福幸商店街にも飾られており一羽一羽にメッセージが書き込まれている様子を見ることができます。

紙で折られた鶴が1年も彩りを保っているのはこれまでに20回以上にも及ぶ補修作業によるもの。

3月2日、3日にも東京や長野から来たというボランティアのみなさんが陽が落ちるまで作業を続けていました。

歌津地区への長い応援に、頭の下がる思いで撮影させていただきました。

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする