民話語り部教室

71

昨日の強風はおさまり、肌寒くも穏やかな朝。
桜の開花は例年より早まるようですね。春が来るのが楽しみです^^

3月12日、
歌津コミュニティ図書館では「語り部教室」が開かれていました。

講師はラジオや講演会などで民話の語り部をなさっている
「しづがわ民話の会」仲松敏子先生。

この図書館で月1回、町内に伝わる民話を中心に教えています。
ご自身も被災者である仲松先生ですが
震災によるショックが語り部の活動により和らいだといいます。
多くの方々に接し、自分の語りに共感してもらったことや
民話を語り継ぐという使命感から

生きる力を取り戻すことができたのだそうです。

 

この日のお教室では
生徒さんたちがそれぞれ覚えてきた民話を1編ずつ語り、
先生より語り口のペースや間の取り方などの指導を受けていました。
皆さん終始笑いに包まれ、
学ぶことを楽しんでいるご様子でした。

 

歌津公民館主幹の高橋さんによると、
歌津コミュニティ図書館では「語り部教室」の他にも
川柳やヨガ、4月からは「美肌教室」など
様々な講座が用意されているそうです。
趣味や学びの場に元気の輪が広がるといいですね!

 

歌津コミュニティ図書館・魚竜
開館時間:午前9時~午後5時
住所:南三陸町歌津字枡沢28番地1
お問い合わせ先:歌津公民館 0226-36-2071

(日比谷)

いいね!して
南三陸を応援

フォローする