ごみ分別回収のモデル事業が行われています。

70

12月11日の朝。
旭ヶ丘団地では可燃ごみを分別して回収するモデル事業が行われていました。

これは環境省の「沿岸地域復興資源循環プラン策定・実証事業」という、これまで捨てていたような循環資源を最大限に活かすまちづくりをすすめるためのモデル事業として、南三陸町を舞台に行われているものです。

団地内に3カ所設置された分別ステーションで「生ごみ」「容器ブラ」「その他可燃ごみ」の3つに分別します。

回収した分別ごみは、クリーンセンターに運ばれ、「生ごみ」はこの調査のために設置した仮設のバイオガス施設にて、ガス化や液肥化されます。

ごみの分別に来ていた町民のみなさんにお話を聞いたところ、「子供と一緒にごみの‘プラ’マークを探すのが楽しい」や「ごみはみんなの税金で処理しているので、有効に資源化して節約しなくちゃね」など、とても協力的でした。

今回のごみの分別は、1月いっぱい、およそ2か月行われるそうです。これから寒い日が多くなりますが、ご協力お願いします。

クリーンセンターにあるバイオガス施設は見学できるそうです。
また、12月16日には見学会も開催するとのこと。
興味のある方はどうぞ。

■バイオガスプラント見学会のお知らせ■
日時: 12月16日(日) 10:30~12:00、14:30~16:00 (午前と午後の2回開催)
場所: 南三陸町クリーンセンター(戸倉字脇の沢41番地1)
申込: 株式会社アミタ持続可能経済研所 (モデル事業の受託事業者)
TEL:0226-47-4055 / 携帯:090-4423-5686  担当:西原(にしはら)

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする