地元の声援届くか、志高野球部「平成の森」で初戦挑む!

544

夏の全国高等学校野球選手権宮城大会が新型コロナウイルスの影響により中止となり、その代替試合として7月11日から行われた「東北地区高等学校野球選手権大会」。志津川高校野球部は石巻北高校との連合チームで「平成の森しおかぜ球場」を会場に初戦に挑みました。会場への入場も制限され、原則無観客試合で開催された試合の模様をお届けします。

「平成の森 しおかぜ球場」を会場に8試合実施!

新型コロナウイルスの影響により、「第102回全国高等学校野球選手権宮城大会」が中止。その代替試合として「令和2年東北地区高等学校野球選手権宮城大会」が7月11日(土)から県内6カ所の会場で開催されています。今年は新型コロナウイルス感染防止のため各校、試合会場までの移動距離を短くし、宿泊せずとも対戦できるように配慮。会場への入場も制限され、原則無観客試合で開催されています。

南三陸町にある「平成の森 しおかぜ球場」も会場となり、4日間に渡り合計8試合が行われました。感染予防の配慮により、志津川高校は昨年に引き続き3年連続となる地元平成の森会場で初戦を迎えました。今年は部員不足により単独チームでの出場は叶いませんでしたが、石巻北高校との連合チームで、初戦登米総合産業高校に挑みました。

初回1点先制するも、相手打線止めれず

7月18日(土)小雨が降る中、志津川・石巻北連合 対 登米総合産業高校の試合が10時から行われました。

先攻は志津川・石巻北連合。

1番がセンター前ヒットで出塁すると、続く2番3番も四球とヒットで出塁。ノーアウト満塁のチャンスで、4番 主将の中野君。ピッチャー強襲の当たりの間に三塁ランナーが生還し1点を先制します。

1回裏、登米総合産業高校の攻撃。

志津川・石巻北連合の先発が制球に苦しみ、四球で1番を出してしまいます。続く2番が送りバントをしっかり決め、3番がライトへの二塁打で1点を返されてしまいます。その後も四球やエラーが続き、この回だけで5点を失います。

反撃したい志津川・石巻北連合ですが、2回は三者凡退。

その後も登米総合産業高校の猛攻は続き、2回に3点、3回には6点の追加点を挙げていきます。志津川・石巻北連合は3回以降、相手の四球でランナーを出すもチャンスを活かせず点が取れません。

2回以降は1安打と相手ピッチャーに抑えられた志津川・石巻北連合。

試合は、登米総合産業高校に1 対 16の5回コールドで敗れました。

唯一の3年生 中野君「楽しくプレイすることを目標に」

試合後、志津川・石巻北連合チーム主将の中野君(志津川高校)は「楽しくプレイすることを目標にこれまでやってきた。試合に負けて悔しいが、楽しくプレイできた」と話しました。

連合チームで唯一の3年生だった中野君。試合中、3打席とも得点圏にランナーを置きながらの打席でした。「プレッシャーはなかったが、4番の仕事を果たせなかったのは悔しい」と試合を振り返ります。

また試合中エラーをしてもお互いに声を掛け合い、前向きにプレイしている姿が印象的だった志津川・石巻北連合チーム。「ポジティブで楽しいチームだった」と中野君はチームの雰囲気を話していました。

昨年の夏の大会は、自チームで出場していた志津川高校野球部。しかし部員数が足りず3年生が抜けてからは、合同チームでの大会出場でした。中野君は「最後、自チームで出場したかったが叶わなかったのも運命だと思う。3年間振り返って、辛いこともあったが先生や親の後押しがあってやって来られた。感謝しかない」と話しました。

志津川・石巻北連合チーム 主将 中野信君

いいね!して
南三陸を応援

フォローする