みんなの子そだてフェスタ

240
7月5日、南三陸ポータルセンターにて
「みんなの子そだてフェスタ」が開催されました。
子そだてフェスタとは、子育て中の家族や、子育てを応援したい人などが集まって、
子どもも大人も一緒に楽しめるイベントのことです。
当日は町外からも家族連れや観光客が集まり、大いに賑わいました。


こちらは「親子でワークショップ」コーナー。
多肉植物の寄せ植えやキャンドル作りを親子で楽しみました。

子どもたちは普段はできない「巨大おえかき」が楽しくてたまりません。

「紙ひこうき大会」では、作った紙ひこうきを誰が一番長く飛ばせるかを競いました。
子どもも大人も夢中になって飛ばしていました。



癒しスペースではネイルや、ハンドマッサージ、カラーセラピーができ、女性に大人気。

レクリエーション体力測定にトライ!!
雑巾絞りで握力測定や、ストローとティッシュを使った肺活量測定や、
椅子に座っての着座体前屈など身近なもので体力測定が出来ます。

町の助産師さんによる子育て等の悩み相談。

子育て中のお母さんが集まり、吉田穂波さんの「ほなみ先生のお話会」が行われました。
吉田さんは東京在住で5人のお子さんをお持ちの産婦人科医です。

最後は有志のグループ「THEこてき」による
パフォーマンスライブで大いに盛り上がりました。
今回のフェスタの企画に携わってくれた阿部純子さん。
「HOP KIDS CLUB歌津 体操教室」(ダンスと体操の教室)の
先生をされていて、
昨年7月に発足した「やってみるもん!委員会」の
運営もされています。
阿部さんはこのフェスタを盛り上げてくれました。

開催にあたって
「親子でできて楽しめるような、子どもが率先して動けるような企画」を考えたそうです。
そして、被災地域であるが故 支援物資をもらえることに慣れてしまった子どもたちに、
「お金の大切さ、物のありがたみ、人への感謝をフェスタで学んで欲しい」と
語ってくれました。
司会進行を務めたのが
ウィメンズアイ事務局長の栗林美知子さん。
“みんなを楽しませたい”思いで裏方役を頑張っていました。

“みんなで楽しめる 子そだてフェスタ”今後も続けてほしいと思います。
(菅原)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする