志津川保育所 建設業ふれあいイベント

211

町内全域で工事の進む南三陸町。

5月29日、志津川保育所では

建設業ふれあいイベントが開かれていました。







催しは三陸沿岸道路の工事を請け負う鹿島道路(株)の提案に

同保育所が賛同したことで実現しました。

園児たちはそれぞれヘルメットをかぶらせてもらい、

ショベルカー、ローラー車などの“はたらくくるま”と対面。



「運転席乗る!乗る!」

「うちのお父さんもこれでお仕事してるんだよ~。」



めったにできない体験に歓声を上げていました。










こちらは高所作業車体験の様子。

命綱をしっかりつけ、バケット(クレーンの先の籠)で上った先は

空中6~7メートル。








保育所の屋上も、数百メートル先の志津川湾も見えました。








「建設工事の現場にはちょっと堅くて恐いイメージもあると思うのですが

 地域の方たちに親しみを感じてもらいたいと思い、今回の催しを企画しました。

 子どもの笑顔は大人も笑顔にしますから。

 願わくば、子どもたちに

 “将来こんな仕事がしたい!”なんて思ってもらえたら嬉しいですね。」

 (鹿島道路(株) 岩渕耕寿さん)







南三陸の子どもたちは町の再建と共に成長しています。

この日の出来事は大人になっても、

きっと楽しい思い出として残ることでしょう。







(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする