町内の桜2015

177

南三陸にも桜が咲きました。
ちょうど満開の4月17日、慌てて撮影に出かけました。

こちらは志津川地区旭ヶ丘 児童公園。


坂を下り、コミュニティーセンター前にも大きな桜が。
奥では志津川西団地の造成が進んでいます。

こちらは廻館(まわりたて)のJA南三陸 志津川支店。
現在は仮設店舗で営業、本店舗も建設工事中です。
震災の際に波を被った土地ですが、桜は今年も咲いてくれました。

志津川高校前の桜並木。

校門前から見える志津川市街地。
その向こうは海です。

天王山の東山公園。
山の中腹の西宮神社まで桜が続いています。

夕暮れにはこの参道に提灯が灯るそうです。
夜のお参りが楽しめるのも、この時期ならではです。

そして町内には “桜”の字の付く地名もあります。
こちらは入谷地区の桜沢。
生活センターの庭には屋根と同じくらいの高さの桜の木が立っています。

そのすぐ傍、八幡川のほとりにも見事な大木が。
桜沢の名に恥じない華やかさで、威厳さえ感じさせられます。


桜花の命は短いもの。
今回は志津川・入谷のほんの一部の撮影で精一杯でした。
来年こそはもっと広範囲に、歌津・戸倉の桜もご紹介したいものです。

また町内ではここ2~3年、桜の苗木を新たに植えたという話も耳にします。
数年後には高台団地や山々の尾根に彩りが増えるでしょう。
続報を楽しみにしていてくださいね。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする