入谷を学ぶワークショップ

66

美しい田園風景が人気の入谷地区。
民泊や農業体験もいいけど、もっとディープな入谷に飛び込みたい!
そんな方には『入谷を学ぶワークショップ』をお勧めします。

『入谷を学ぶワークショップ』は2013年9月、
地域文化の保存・伝承と交流促進を目的に開講されました。
これまで自然探検会やお年寄りの半生を聴かせてもらう会など
幅広いジャンルの勉強会を開催。
毎回数十人の来場を集めています。


こちらは先日11月20日に実施された『なつかしい味の夕食会』の様子です。
お母さん得意のはっと汁、お父さん自慢の手打ちそばなど
入谷公民館に数々の手作り料理が並びました。


「いのはなごはんとおふかす(茸ごはんとおこわ)。」
「こっちはけのみあぶらつがったごた。
(こちらの料理にはカヤノミ油を使っているんですね。)」
「わだすたづわらすのころおっぴさんがつぐってげだの。
(私たちが子どもの頃曾祖母が作ってくれたんです。)」


「くってけせ。」「けさいん。」
呪文のような地元ことばを聴きながらいただきます。
お料理の作り方や食べ物にまつわる思い出など、お話は尽きません。

「この次どうすっぺ。」
「冬っつえば手仕事か?わら細工とか。」
「正月っぽいものもいいねえ。」

愛すべき入谷の人と文化にどっぷり浸れる『入谷を学ぶワークショップ』。
今後も不定期で開催されるそうです。

お問い合わせ先:入谷公民館 0226-46-5103

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする