南三陸町長杯 グラウンド・ゴルフ大会

55

秋雲流れる10月24日。

歌津地区平成の森にて
『平成26年度南三陸町長杯 グラウンド・ゴルフ大会』が開催されました。


シニア層に絶大な人気のグラウンド・ゴルフ(以下GG)。
数年前から町主催の大会が開かれていたそうですが、震災以後は今回が初開催。
しおかぜ球場に全町から90名の精鋭が集いました。
佐藤町長も参戦です!




広くて爽快!と思いきや、ここはなかなかのハードコースなのだそうです。

「広いとホールポストまでの距離長くなっし、芝もあっがら強く打だねば届かねんだ。」

海山で鍛えた身体能力の活かしどころ。
ホール傍まで寄せる鋭いショットやホールインワンが連発されていました。

「大きな試合に出てる人もいるし皆強いねえ。」
「わたし散々だったやー、もっと練習せねば。」
「んだねえ、わたしも。」

およそ3時間、広い球場を駆け回り、競い合った選手たち。
試合後は皆肩を並べ、暖かい豚汁で疲れを癒すのでした。
お疲れ様でした!


(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする