歌津のいま(2014年9月)

66

東北地方に温帯低気圧が近づいており、
町には先ほど強風・波浪・高潮注意報が発表されました。
明日25日には警報に切り替わる可能性もあります。
雨風はもちろん、雷や土砂災害にも充分ご注意ください。

さて、本日は現在の歌津の景色をご紹介します。

旧歌津駅前では地盤調査が行われています。

周辺の工事が進めば伊里前福幸商店街も別の土地へ移設される予定だそうです。
地元の常連客や遠方のサポーターの方々から愛されている商店街。
まだまだ大事な役割を担っています。

平成の森 しおかぜ球場からは45号線沿いの変化を見ることができます。
道路向かいの高台では枡沢団地(59戸)が造成中。
動き続ける重機に、胸の中で応援と感謝を伝えます。

北へ走ると道沿いに田畑が目立つようになります。
長羽で途中下車。
ずらりとはせがけされた稲から甘い香りが漂ってきました。

「陽がたっぷり当たるように角度も計算して吊るしているんだ。
朝晩の気温差で甘みを蓄えて、
1ヶ月後には美味い新米が食えるぞう。」
農家のお父さんが自慢げに話してくれました。

お父さんの言う通り、日が傾くと急に風が冷たくなってきました。
秋分も過ぎ、この日は季節の変わり目を感じられる貴重な一日となりました。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする