のぞみ福祉作業所 続報

112

障がいを持つ方々のための生活介護施設「のぞみ福祉作業所」。
(以前ご紹介した記事はこちら)
久しぶりにお話を伺ってきました。

志津川市街地の工事に伴って
先月中旬に作業所を袖浜から沼田へと引っ越されたばかり。
仮設建築ではあるものの、明るくて居心地が良いです。

こちらで作られる葉書は
手漉きの紙に季節の絵柄を刷り込んだオリジナル。
町内のグッズショップでもおなじみの人気商品となりました。

この春には新しい仲間も迎え、現在18名の利用者さんが
職員の方々と共に作業に取り組まれています。



新人さんもすっかり手慣れた様子。

作業中に鼻歌の出る方、休み時間も作業に没頭される方。
皆さん働くことを楽しんでおいでのようです。

「紙漉きをこの作業所の柱の事業とするためにも、
今年度が正念場だと思っています。」
そう話すのは係長の森 伸也さんです。

「売り上げが主目的ではありませんが
仕事の依頼が増えることは利用者の方の意欲につながります。
受け取ったお金をご家族とおいしいものを食べるために使うなど
自分だけではなく、周りの方を幸せにすることにもなるんです。」

これからはデザインの充実・品質の向上等
商品をより魅力的にするための展開をお考えとのこと。
例えば紙漉きの原料に酒類の紙パックを使うと強度が増すそうで、
近隣の商店等と連携したパック収集システムも検討中だと
お話しくださいました。

地域に根差しながら自立を掲げるのぞみ福祉作業所。
またお邪魔させてください。

■社会福祉法人 洗心会 のぞみ福祉作業所
志津川字沼田56-3
0226-46-5129

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする