町内フットサル大会

201

1月19日の日曜日。
歌津中学校体育館からシューズの音が聴こえます。
町内フットサル大会が開催中でした。


下は中学生から上は65歳がフィールドを走るなか、
中心となるのは20~30代の男性たちです。
かつてのサッカー少年も今や漁師や農家。
がっちり育った身体で遠慮のないプレーを繰り広げます。


もともと町では歌津地区を中心にサッカー人気が高く、
複数のキッズチームが存在したそうです。
その第一世代も成長し、スポーツに打ち込むことも少なくなった頃。
「大人が運動するきっかけを作ろう」
2006年、南三陸町サッカー協会により初のフットサル大会が開催されました。

以来9年。
震災の年を挟み、大会は今年で第8回を迎えています。

今年の出場は9チーム。
大会事務局の小山さんは
「震災前はもっと多くて、抽選で10チームに絞っていたんだよ」
と寂しがりますが、
町の働き盛りがこんなに集まるだけでも滅多にないこと。
大会の人気の高さがうかがえます。

「練習期間1週間しか取れなかったよ」
「うちなんかチーム結成1週間だよ」
運動不足解消・・・できているんでしょうか(^^;;)
ゆるくも手加減なし、対戦の結果は?

優勝はチーム JOJO FC(ジェイオージェイオーエフシー)。

20代中心のチーム、記念撮影の笑顔が爽やかです。
強さの秘訣は女子の声援と見ました。

大会副実行委員長 橋本さんによれば
プレーは年々レベルアップしているそうです。
「と言ってもメインは楽しむこと。」

全力を出し切った出場者たちの満足げな様子。
お疲れ様でした!

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする