農漁家レストラン 松野や

643

先日1月20日。入谷地区鏡石、国道398号沿いに「農漁家レストラン 松野や」がオープンしました。

実はこちら、以前ご紹介した「南三陸木の家づくり互助会」モデル事業第1号。壁には徳島産の、柱には町内産の木材が使用されています。

もみ殻の断熱材や蜜ろうワックスなど、とことん自然素材にこだわった建物。建築士、建設会社、材木店、個人ボランティアさん他たくさんの協力を得て完成しました。

「40年越しの夢が叶ったのよー!」と笑顔を見せるのは、店主の松野三枝子さんです。

「19で農家にお嫁に来てからずっと地元食材のレストランを開くのが夢だったの。こんな形で実現するなんてねえ。薪ボイラーでいつでもお湯が使えるんだよ。」

レストランはランチ営業がメイン。アサリめしやホタテめしなど、日替わりのご飯が味わえるそうです。

この日は戸倉の漁師さんから差し入れがあったとのことで茹でたてホカホカのガヌ(蟹)が振る舞われました。

「大勢の手助けをいただいてできたお店ですから、来てくれた人にゆっくりくつろいでもらえる場所にしたいです。」(三枝子さん)

店内は木の香りでいっぱい。通い詰めてしまいそうです。

■農漁家レストラン 松野や
住所:南三陸町入谷字鏡石 本吉街道(国道398号)沿い
営業時間:午前10時~午後3時
定休日:未定

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする