クリスマス四景

83

今年のクリスマス、町の方々はどのように過ごしたのでしょうか?
ちょっと覗いてみました。

戸倉地区のオーイング菓子工房Ryoでは
夜を徹してクリスマスケーキ作成中。

今年はいくつ予約が入ったんですか?
「・・・ごめん、計算できない。寝てなくて・・・」
(;д;)・・・

朝が来ればケーキの配達です。
町中の人たちが待っています。

ところ変わって歌津コミュニティ図書館 魚竜。
わー、クリスマスリースがたくさん。

「先日ここでリース作り教室を開いたの。
 他にも27日にはフラワーアレンジメント教室があるし、
 来月には映画上映会、ノルディックウォーキング・・・」

図書館員さん、情報提供ありがとうございます。
大掃除の邪魔をしてしまいました。

こちらはホテル観洋にて開催の町コン「出会わナイト」。
ワゲスタヅ(若い人たち)が集まって賑やかです。

町内出身者もおり、震災後に他県から移住してきた方もおり。
おや、新カップル誕生ですか?

入谷地区では「おもちゃの図書館いそひよ」のクリスマス会が開かれていました。

「いそひよ」は障がいを持つ子どもたちの遊びの場であり、交流の場。
震災後は志津川から入谷へ場所を移し、月2回の活動を続けています。


「うちは仮設が遠いし子どもは車椅子だし、なかなか来られなくて。
 今日は久しぶりにお友達と会うことができたので
 親子ですごーく楽しんでいます。」
1人のお母さんがそう話してくださいました。

震災から3度目のクリスマス。
町の人々の過ごし方は、かつてのクリスマスに
少しずつ近付いてきているような気がします。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする