町の移動販売車 フェスティバル&キャッツ!

325

いまだに涼しく過ごしやすい南三陸町。ですが、畑の作物のことを考えると暑くなってほしいところです。

さて先日7月24日。「旭ヶ丘に魚屋が開く」との噂に現場へ駆けつけるとコミュニティセンター前に移動販売車が到着していました。

この販売車、どうやら2つのお店が一緒に営業しているようです。

1店は登米市佐沼町に本店を持つ「登米・南三陸フェスティバル」。登米市や南三陸町の住宅地をこの販売車で廻り、地元のおいしいものを届けているのだそうです。

もう1店は「キャッツエンタープライズ」。福興市では焼きそばやカキフライが人気の名物店です。しかしこちらの店頭に並ぶのは、ほとんどが鮮魚。

店長の藤島さんにお話を伺ってみました。震災後の商店の不足、また近年の魚の値上がりにより南三陸町内にはいまだ魚を手に入れづらい方々がいます。そのことに胸を痛めた藤島さんは、ご自身が魚を売って廻ろうと決めました。

他の仕事がお休みの日のみ、登米・南三陸フェスティバル移動販売車内で開店することになったのだそうです。

町内や仙台港で仕入れたという魚介類はどれも100円。「じいちゃんばあちゃんに安くておいしい魚を食べてもらいたいからさあ。」誰にも優しい藤島さん、店頭には笑い声が絶えません。

この日は常に順番待ちが出るほどの盛況でした。お客様が更にお友達を呼び出し、お菓子の試食が始まり、隣の休憩スペースでさっそく開かれるお茶っこ。この町ではおなじみの光景です。

今後も町内を順に訪問するという2つのお店。あなたのご近所にも、演歌と共にやって来ます。

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする