折鶴のお焚き上げ

52

梅雨前のこの時期は霧に注意。
地元で「やませ」と呼ばれるもので、足下も見えないほど霧が濃くなることも。

さて、2012年3月から田束山ふもとを彩ってきた、こちらの折鶴。

先日6月1日。
お役目を全うした折鶴達の取り外しとお焚き上げが行われました。




歌津応援倶楽部代表 市川さんによれば
全国から届いた折鶴は15万羽を超えるとのこと。
その1羽1羽に希望のメッセージが書き込まれています。

これまでに関わった100名以上の方々に見守られ、炎を上げる折鶴。
煙と共に、鎮魂と復興の願いを天まで届けてくれることでしょう。

(日比谷)

 

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする