漁師が作る、漁師のための加工食品「歌津小太郎」

424

6月19日、歌津小太郎(橋本水産食品)さんにお邪魔してきました。

津波で以前の工場は流されてしまいましたが、幸いにもスタッフの皆さんは全員無事。歌津の管の浜地区で、なんとか先日4月22日に操業を再開されました。

現在作っている商品は5種類程度。以前の商品数が30前後だったことを考えると少ないのですが、地域で取れる素材もまだ少なく、設備も整いきっていないため徐々に増やしていくそうです。

こちらは当日お話いただきました千葉孝浩さん。工場のスタート準備をしながら、仙台や東京出張も多くお忙しくされています。

材料は全て地元のものを使っていて、「漁師自身が、自分たちで納得して食べるもの」を納得のいく価格で消費者に販売しているそうです。

作業中の工場を見学させていただきました。下の写真は、隣町の石巻市北上町から仕入れた昆布を結んでいるところ。

こちらは、調理済みの茎わかめを使った「陸中漬(りっちゅうづけ)」を袋詰めしているところ。

商品は、お隣のみなさん館と、仙台の藤崎デパート内の店舗にて販売中。

「決してかっこいいことを言うつもりはないのですが、ここまで来られたのは、場所があって、地域の協力があって、取引先に助けられて、従業員にも恵まれて、お客様に応援されてきたお陰です。

周りの方々の支えがあって再開することができたので、本当に地域の役に立ち、地域に必要な存在になっていきたいです。」そう千葉さんは意気込みを語ります。

操業を再開されたばかりで、まだまだ大変なことも多いとは思いますが、南三陸の美味しいものを、仙台や東京にもどんどん伝えていって欲しいです。

■歌津小太郎(橋本水産食品)
住 所:南三陸町歌津字管の浜55-1
問い合わせ:0226-36-3655
ホームページ:http://www.utatsukotaro.co.jp/
ファンドも募集中:http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=305

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする