思い出の小学校を残したい!校舎の宿「さんさん館」

1279

平成11年3月末で廃校になった林際(はやしぎわ)小学校。そこを利用して作られた、校舎の宿「さんさん館」を訪ねました。

こちらは旧林際小学校運営事業組合、組合長の菅原辰雄さん。プロジェクトの発起人です。

この取り組みは、入谷地区にあった入谷小学校と林際小学校の合併が決まり、林際小学校が廃校となったことから始まりました。ご自身もこの校舎で小学校時代を過ごした菅原さんは、「この学校を解体するのではなく、なんとか残したい」ということを強く感じて動き出します。

地域の住民33名に声をかけて、グリーンツーリズムの専門家にも助言をいただきながら、なんとか農水省の補助金を利用できるようになりました。

しかしそれでも足りない分は農協からお金を借りて、更に、菅原さんと同じく小学校を残したいという思いを持つ有志が11名集まって組織した運営事業組合でまかなうことに。

元々の校舎の雰囲気を活かしつつ、宿泊が出来るように改修されています。子どもの頃に憧れた、「学校に泊まりたい」ということが現実になる場所です。


当初、「本当にお客さんが来るのか?」という心配はあったけれども、いざ蓋を開けてみると、オープン初年度は8,000人ものお客様がいらっしゃったとのこと。

入谷地区に残る日本の原風景に癒されながら、町の農林漁業も体験できるような立派なグリーンツーリズムの拠点となりました。

菅原さんはこう話します、「震災後にお越しになるお客様は、被災地支援の方がほとんどで、本来のグリーンツーリズムを求める方は一時的に少なくなっているのが実情です。

でもここには、来るだけで癒される自然や、都会では出来ない農林漁業体験があります。観光のように気軽な気持ちでいいので、とにかく多くの方に一度来ていただきたい。そして、ここの良さを感じて帰って欲しいと思っています。」

各お部屋は、それぞれに教室の名前が付いていてユニークです^^

■グリーンツーリズム校舎の宿「さんさん館」
住所:南三陸町入谷字山の神平10-1
お問い合わせ:0226-46-5633 (予約専用)
URL:http://www5.ocn.ne.jp/~san3kan/

いいね!して
南三陸を応援

フォローする