志津川地区まちづくり協議会 4月合同部会

132

4月25日の夕方18時半。

南三陸町役場の大会議室にて、志津川地区まちづくり協議会の合同部会が開催されました。
今まで3つの専門部会で議論されてきた役員さんも
本日は一堂に集まりました。
傍聴席は、30名くらいでしょうか。満席です。
協議会会員の皆さん以外の方でも、ルールを守れば傍聴可能です。
議長は、協議会会長の及川善祐さん
冒頭の議長挨拶でのメッセージでは、
「この協議会は、建設的にまちづくりを行う場です。
良いまち、新しいまちを作るために官民一体となって、明るい方向へ向っていきましょう。」
とお話され、合同部会がスタート。
志津川地区まちづくり協議会は、市民の意見をまちづくりに反映させるために
昨年10月に設置され、
高台移転部会、産業再生部会、公園部会の3つの専門部会ごとに
月1回程度、議論を進めてきました。
この日は、3つの専門部会と役場職員が同席する合同部会。
各専門部会でいままで議論してきたことの報告や構想を共有し、
防災や連絡道路、お店の出店場所など横断的に関連してくる事項を協議しました。
最後に佐藤町長から
「市街地の被害が大きい志津川のまちづくりは、一つの町を遷都するようなものです。
 本当に、皆さんのご協力に感謝しています。
今年は住宅復興元年。目に見える復興を進めていきますし、
市街地のかさ上げも優先順位をつけて進めていきます。」
とコメントがあり、2時間に及ぶ協議会は閉会となりました。
協議会は、今後も継続してまちづくりのための議論を進めていく予定です。
(安藤)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする