国土政策フォーラムin南三陸町

53

2月14日。
「命を守る安全・安心な新しいまちづくり」をテーマに、「国土政策フォーラムin南三陸町」が開催されました。
町内外から、たくさんの方々にご参加いただき、会場は大盛況。

基調講演の講師は、東大地震研究所の大木聖子先生。
地震は「どこでも起こりうるもの」として、「どう備えるかが重要」と地域における減災対策の推進、防災教育の取組みなどについて、大変貴重なお話をお聞かせいただきました。

パネルディスカッションでは、コーディネーターにテレビやラジオでおなじみの本間秋彦さんをお迎えし、

パネリストは南島原氏の藤原米幸市長、宮城大学の大泉一貫副学長、宮城県土木部の遠藤信哉次長、講演に引き続き大木先生、そして佐藤町長の5名により、「これからの減災対策と合わせた新しいまちづくり」と題して、
さまざまなお立場からのご意見等をいただきました。

最後に、会場のみなさまにもご参加いただきました。

 

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする