三陸沿岸道路工事の様子

64

南三陸町、朝発令された暴風警報が昼過ぎに解除されたばかりです。強風のうえ道は凍ってつるつる。通勤時に私も怖い思いをしました。皆さん運転には充分ご注意を。

さて。急ピッチで工事が進んでいる「三陸沿岸道路」。インターチェンジができる予定の志津川地区の小森周辺では橋脚などの構築物が目立つようになりました。

三陸沿岸道路は震災時、緊急物資の輸送や緊急患者の搬送などに使われ、町にとっての「命の道」としてその重要さを再認識されました。

供用開始時期はまだ決まっていないとのことですが完成すればきっと町再建の弾みにもなると期待しています。一日でも早い開通を。

 

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする