イスラエル復興祈願彫刻お披露目式

225

南三陸町、本日は快晴です。残雪がつるつるしますのでお気をつけて。

1月22日(火)、復興祈願彫刻「栄光と再生の像」のお披露目式が行われました。この像はイスラエル国より寄贈され、現在南三陸町診療所前に設置されています。

佐藤町長と、駐日イスラエル大使の二シム・ベンシトリット様含む関係者にて、像の前で記念撮影。
昨年夏、イスラエルへ研修旅行をされた志津川高校の生徒さんも一緒にパチリ。

南三陸町とイスラエル国の交流が始まったのは震災後のことです。栗原市の佐藤市長がきっかけとなり、震災後、数週間も経たないうちに、イスラエル国の医療チームが南三陸町を訪れ、診療所を設置。現在の南三陸診療所は、彼らの施設を引き継いだ形で運営をしております。

佐藤町長から、迅速な支援に対する感謝の言葉が述べられました。

二シム・ベンシトリット駐日大使からは、「戻ってきた医療チームからは、住民の対応が素晴らしかったと聞いている。これからも南三陸町とは、人生の友人のような関係を続けていきたい」とスピーチをいただきました。

そして最後に、医療チームの支援を受けて、無事一昨年の9月に出産を迎えることができた親子が、「是非挨拶をしたい」ということで訪れました。赤ちゃんはとても元気で、会場内には自然と笑顔があふれます。

「もし逆の立場になったときには、是非皆さんに助けていただきたい」という駐日大使の言葉から、国境を越えた対等な友人としての、助け合いの精神を感じました。

 

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする