南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

みなさま初めまして。2016 ミス日本酒 宮城代表 池田かほりです。

連載「おすばでジャーニー」ではさまざまな体験を通して、南三陸町の自然豊かな食材に合わせた宮城の地酒を、ご紹介していきたいと思います。

南三陸町は、どこか懐かしく温かい雰囲気のある場所です。遊食泊と多種多様な体験が出来て、お子様から大人まで東北の素晴らしさを満喫できる場所です。

美味しい地酒と共に、宮城、そして東北の温かい心を世界中の方々にお伝えできればと思います。

南三陸町地方卸売市場の見学!

今回の第一弾は、2016年6月にオープンした「南三陸町地方卸売市場(南三陸魚市場)」を取材させて頂きました!案内して頂いたのは南三陸町産業振興課の西條さま。

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

こちらは昭和24年に設立され長い歴史のある市場でしたが2011年 東北大震災での甚大な被害を受けられました。そこから5年の時を経て…ようやく今年本格稼働されたそうです。

この貴重な体験にドキドキしながら中へ入ると…驚くことが沢山!

中でも衛生面での配慮がとても細かくされていました。

出入りする際は2つのゲート(防鳥ネット・シャッター)があり、電動フォークリフト以外の車両の乗り入れは出来ません。

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

通行する車両はタイヤを洗わなければならず、ちょうどタイヤの位置に洗浄用の海水が当たっていました。

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

もちろん、人が入る際は手や長靴の洗浄・消毒が必要なので私も一緒に…

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

さらには!魚の運搬は全て電動フォークリストなので排気ガスが出ず室内の空気がとてもクリアだったり

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

魚を入れているケースはすべて直置き禁止と言う徹底ぶり!

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

私の中での市場のイメージはそのまま水で滑らせているイメージでしたが『雑菌から守る為』という事です。

そして気配りはこんな所まで…!

女性専用ロッカールームまでありました。

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

こんなにもきれいな卸売市場だったら、安心して食卓で海鮮物が楽しめますね。

そして…見つけてしまいました!大好きなお魚さん逹~!!

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

この大きさ!

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

この新鮮さ!

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

そしてこのぷりぷり感!あ~食べたい~!!!

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

こんなに大きな蛸は初めて見ました。

南三陸町と言ったらやっぱり蛸は食べなくてはですよね☆

「西の明石、東の志津川」南三陸のタコを頂きます!

ということで、私は有名なさんさん商店街にある季節料理 志のやさんへタコのお刺身を頂きに行きました!

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

この大きさ、大迫力です!そして身が引き締まっているだけではなく、お醤油につけなくても塩味が絶妙に効いているのです。

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1 南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

素材のみで楽しめるなんて、身体にも優しいですよね☆

温かい皆さまのお蔭で、とても素敵な時間となりました。ありがとうございました。

南三陸の美味しいタコ&市場見学 おすばでジャーニー#1

これからは月に一度、現地へ取材に向わせて頂きます!どこかでお会いした際は、是非オススメの『おすばで』をご紹介頂きたいです☆

これから宜しくお願い致します!

本日のおすばでとオススメ日本酒

南三陸町のタコの刺し身

実は南三陸町志津川湾は「西の明石、東の志津川」といわれるほどのタコの産地です。リアス式の入り組んだ海岸線と三方が山々に囲まれた地形により、ミネラル豊富な水は全て湾内に流れ込み豊かな海が作られています。そんな豊かな海で育ったアワビ、ウニ、カニ等を食べて育ったタコは旨みが凝縮され、噛めば噛むほど味が広がる肉厚な、高級タコとなります。

純米夏酒 浦霞

株式会社佐浦の「純米夏酒 浦霞」。夏にぴったりの爽やかな味わいです。自然本来の塩水の味わいのみでタコを味わう際にも、その繊細な味を邪魔せず引き立ててくれる、まさに食中酒の浦霞マジック!

蔵元:浦霞醸造元 株式会社佐浦 「純米夏酒 浦霞」

いいね!して
南三陸を応援

フォローする