水風戦大会

197

7月20日、晴天の日、水風戦大会が開かれました。
場所は戸倉地区にある神割崎キャンプ場で、町内より8チームが集いました。

水風戦とは簡単にいうと、水鉄砲と雪合戦を組み合わせて考えられた新しいチーム競技です。
時間内に相手コートのエンドラインに置いてあるシャチを持ち上げるか、
水風船を相手チーム全員に当てることで勝利となります。
(ルール説明はこちら)
老若男女、皆で一緒に参加することができます。

主催は南三陸ふっこう青年会
昨年「ウルトラシャルソン」に参加した際に
一般社団法人水風戦協会代表の塩谷さんと知り合ったことがきっかけで
今大会の開催に繋がったそうです。
(ウルトラシャルソンとは
 走ることを通じてまちを再発見し、人と人が繋がる東北応援プロジェクトです。)

南三陸町では今回が初めての開催になります。
優勝チームは10月に行われる「グランドファイナル2015全国大会」へ
出場する権利を得ることができます。

東北を笑顔にしたいという思いから、
福島県いわき市を水風戦の聖地にしようという目標を掲げて活動している
水風戦協会の皆さん。
審判員として関東方面より駆けつけてくださいました。

試合直前、気合いを込めて水風船を作りました。

さぁ、試合が始まりました。
手加減なしの大人たちに、子どもたちは「大人気な~い」とブーイング。
まったなしの真剣勝負。皆競技に熱中していました。

小さい男の子が大人たちの視界に入らないようにすり抜け、
見事シャチをGETしました。なんと素晴らしい作戦!!


今回、全国大会出場の切符を手にしたのは「定住促進住宅チーム」でした。
団結力のある男女混合のチームで、
相手に動きを読まれないようにサングラスをかけた作戦が勝利に繋がったようです。

初めての水風戦大会は大いに盛り上がり
閉会式では「来年もやりたいね!」とふっこう青年会 会長の工藤大樹(ひろき)さん。
最後は皆で笑い合い、楽しい水風戦大会でした。

(菅原)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓

いいね!して
南三陸を応援

フォローする