心輪海

254
全国高校野球 宮城大会開催中。
南三陸町の志津川高校が勝ち進んでいます。
今日は強豪・仙台育英高校と対戦の予定でしたが、雨により順延となりました。
ハラハラしつつ、今は明日の好天を祈ります。
さて、高校生に負けずちびっ子たちも頑張っていますよ。
本日ご紹介するのは『心輪海(しんわかい)』。
町内のイベントでおなじみの子どもよさこいチームです。

(2014年12月 郷土芸能発表会)

(2014年12月 福興市)

心輪海の前身は旧・町立藤浜小学校で活動していた『藤浜ヨサコイ』です。
2007年に同校が町立戸倉小学校に統合されたのちチーム名を変更。
現在は戸倉小学校児童・卒業生 24名が所属し、活動に励んでいます。
町外仮設に住まうメンバーも多く、人集めも練習場所の確保も簡単ではありませんが
夏期は週2回の練習が行われています。
7月のある日、神割崎観光プラザでの練習にお邪魔しました。

「南中ソーランの腰の高さを揃えまーす!」
「腕の角度は、こう!」
6年生をお手本に踊りを合わせます。
保護者の方も同席していますが、主導はあくまでも子どもたちです。
代表の阿部華さん(6年生)にお話を伺いました。

「メンバーをまとめたり、楽しく続けられる練習方法を考えたりしています。
 心輪海はみんな仲が良くて、本番でも緊張せずに踊るチームです。」
この日は『よっちょれ』『南中ソーラン』など3曲を立て続けに踊りきりました。
6年生によると今までの連続記録は6曲とのこと。
舞台度胸もパワーも、さすが戸倉っ子です。

心輪海の活動先は町内のお祭りや福祉施設です。
7月には2つのデイサービスへの慰問公演が控えています。
その他、近々あるのが7月25日の福興市・トコヤッサイコンテスト
6年生がアレンジしたオリジナルの振り付けで参戦予定です。
お母さんたちも交えて特訓中。

「みんな明るく元気に踊るので、よろしくお願いします!」(華さん)
彼らの夏休みは踊り曲の音とともに始まります。
(2014年10月 福興市)

■心輪海 facebookページ
https://www.facebook.com/pages/%E5%BF%83%E8%BC%AA%E6%B5%B7/700389086700269
(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする