みなみさんりくブックス

304

快晴、しかし風の強い南三陸。
朝には倒木で渋滞していた道もあったそうです。
飛来物や電線などにご注意くださいね。
では本日の「南三陸なう」をお送りします。

「静かに本でも読みたいなあ。」
「ちょっと変わったお勧め本、ない?」

今日はそんな方にぴったりの話題。
入谷地区のさんさん館で、私的研究本展示
『みなみさんりくブックス@Book!Book!Sendai2015』が始まっています。


そもそものきっかけは『第二のふるさとカフェ』。
町の本好きたちが意気投合し、「本を楽しめる場を作ろう!」と
『みなみさんりくブックス』プロジェクト起ち上げました。
今回はその活動の中で、
仙台発の本のイベント『Book!Book!Sendai2015』に参加。
県内41会場のうちの1つとして本の展示を行うことになったそうです。


小さい机に並ぶのは、5種のテーマで選ばれた本たち。
(テーマは・・・①艶笑話②おすそ分けの危機③自分の時間④海の森、海の砂漠⑤バター)
本は全て私物、添えられたコメントもすべて手書きという、まさに“私的”研究本。
溢れる研究心が机の中まで埋めてしまっています。

気になった本は自由に手に取ることができます。
研究本の貸し出しは不可ですが、
教室の後ろの本棚には貸し出しOKの本がたくさん収められています。
これらは地元の人々の持ち寄りによる“私的”図書館。
貸出ノートには2001年の日付がありました。

 (マナーを守ってご利用くださいね。)

会場は明るくて静かで、まるで放課後の図書室にいるようでした。
約3週間の開催中、土日はスタッフの方が常駐(予定)しており
本にまつわるイベントも企画されているとのこと。
ちょっと寄っただけのつもりが
帰りたくなくなるくらいハマってしまうかもしれません。
ご注意ください。

■みなみさんりくブックス
場所:南三陸町入谷林際 校舎の宿さんさん館 研修室
開催期間:2015年6月6日(土)~6月28日(日)
開館時間:11時~15時
入場無料
サイト http://minamisanrikubooks.tumblr.com/
運営の方よりコメント:
ご来場の際は是非、記名帳に本の感想なども書き残していただけると嬉しいです。

■第二のふるさとカフェin南三陸 × みなみさんりくブックス
 ~ヒトが集う地方、リノベから見えてきた新しい価値のこと~
日時:6月20日(土)19:00~21:00
参加費:1500円(軽食付)
facebook https://www.facebook.com/events/1150002675013502/

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする