『名前負け』するブロガー

136

餅まき・早食い・リサイタル。
4月26日、大賑わいの福興市会場。




そんな中、真っ青な福興市ジャンパーで撮影して回る男性を発見。

ブログ「南三陸町と、『名前負け』するブロガーの日常」管理人の
Naiki(ないき)さんでした。

「インタビューですか?ボランティア特集?
 いや僕、毎月遊びに来ているだけのおじさんですけど。」

Naikiさんは千葉県出身、大阪府在住。
南三陸町のことは震災時の報道で初めて知ったそうです。

「ニュースをきっかけにネットで検索してみたら、
 町民の方のブログがいくつかヒットしたんです。
 震災前の美しい町の写真がたくさん掲載されていて、
 数年分を一気読みしました。
 皆さんの“自分の町が好きなんだ!”という気持ちが
 強く伝わってきました。」

そんな町と人に惹かれたというNaikiさん。
その後、被災地支援を続けている方との出会いを経て
翌2012年5月に初めて南三陸の地を踏むこととなりました。

「ネットを通して繋がった方々と会い、
 町の話を聴くことができました。
 僕も町を撮るために一眼レフカメラを購入しました。」

Naikiさんは町の風景や出会った人々を撮影、
自身のブログで発信を始めます。
これまでの3年弱で来町回数は50回以上。
撮影枚数は1万枚を超えるそうです。

(2013年11月(左端))

(2015年2月(中央))

「何度も来ているうちに親しくしてくださる方も増え、
 ブログも口コミで知られるようになりました。
 町外の読者の方も多いですね。
 福興市などで会った方が“ブログ読んだよ”って声をかけてくださるんです。
 ブログにもコメント欄はあるんですけど、なぜか直に。」

来町時は町内のご友人宅に泊まり、
志津川を中心に撮影して回っているとのこと。
「変化を見落としたくない」ため、基本は徒歩。
八幡川の橋や対岸の眺めなど、
かつての町に思いを馳せながらカメラを向けるのだと話します。

「皆さん車で移動することがほとんどだと思いますが、
 ぜひ町を歩いて、ゆっくり見てみてほしいですね。
 日々変わっているんです。」

最近は町内の方に「俺より町に詳しい」と言われているというNaikiさん。
いつかは南三陸に移住するのが夢、と話すと
また福興市の撮影に戻っていかれました。
次回のお越しもお待ちしています。

■Naikiさんのブログ
南三陸町と、『名前負け』するブロガーの日常 http://ameblo.jp/naikingdom/

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で