公立志津川病院 仕事始め式

118

1月5日、夕刻。
公立志津川病院 仕事始め式が行われました。


2011年、津波により甚大な被害を受けた公立志津川病院。
その後登米市のご厚意をうけ、市立よねやま診療所内の病棟(38床)にて運営を再開。
現在は主な外来診療は南三陸診療所、入院患者受け入れは公立志津川病院と
2拠点に分かれ活動しています。

最も不安な時期は脱したものの、
車で50分の距離は医療業務・運営への負担となっていました。
が、今年秋には待望の(仮称)町立南三陸病院・総合ケアセンターが完成予定。
安心して医療を行える、受けられる暮らしが近づいています。

この日の仕事始め式には約20名の病院スタッフが出席しました。
佐藤仁町長の訓示では台湾をはじめとした数々の再建支援、病院完成と移設時期、
医療施設と観光を連ねる構想などについて報告がありました。

「再建について、これまで皆さんには見えない部分もあったかもしれないが
 やっと今年10月には新病院も完成します。
 どうか光が目の前に見えたと思って、これからも頑張っていただきたいと思います。」(佐藤町長)

新体制への準備等、2015年も忙しくなりそうです。

■公立志津川病院・南三陸診療所 http://www.minamisanriku-hp.jp/

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする