志津川地区 中央団地(2014年12月)

358

高台移転造成工事、本日お伝えするのは志津川地区 中央団地です。

造成着工2013年11月、竣工2017年9月
復興見える化
志津川地区 中央団地
http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/index.cfm/6,4224,81,317,html
災害公営志津川中央住宅
http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/index.cfm/6,4194,81,317,html

早期まちびらきエリアと重なる新井田・助作・城場の地内で造成が進んでいます。下の模型写真で見るとオレンジの円のあたり、17.3ヘクタールです。

団地東側、天王山から見た様子。

手前が公共・商業施設エリア、奥が防災集団移転住宅(135戸)中心のエリアとなる予定。

隣接地では国道45号と新井田川の整備が進んでいます。

団地西側から見た様子。

(旭ヶ丘地区より)

(志津川小学校より)

西側には災害公営住宅147戸(集合115戸+戸建32戸)が建設予定。奥は現在小学校の塀の向こうに隠れていますが、じきに宅地や通学路の形も見えてくるはずです。

団地北側では復興拠点連絡道路の工事も進んでいます。志津川地区 東・中央・西、計800戸超の団地を1本でつなぐ道路です。日頃の利便はもちろん、災害時の利用も想定されています。

2017年の完成まで、今後も大きく形を変えていくであろう志津川地区 中央団地。
引き続きその変化をお見せしていきたいと思います。

■まちづくりの情報・完成模型などはこちらでご覧いただけます。
南三陸復興まちづくり情報センター http://minamisanriku-now.blogspot.jp/2014_03_01_archive.html

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする