記憶の街ワークショップ 続報

59

白い模型に人々の思いを重ねる『「失われた街」復元模型プロジェクト』。
2011年夏以来、記憶の風化を防ぐためのワークショップが
東北沿岸各地で続けられてきました。
(前回ご紹介した記事はこちら)

そしてこの夏。
岩手県一関市にて、それらを集めた模型展
『ふるさとの記憶 一関展』が開催されています。

ギャラリーに並ぶのは3県21地区を再現した模型たちです。

今年5月に制作された志津川地区の模型も展示されています。
12平方メートルに色鮮やかな市街地がよみがえりました。


建物の色、モニュメント、養殖場や釣り堀など
全て人々の記憶から再現されたものです。




霞のように見えるのは『記憶の旗』。
施設名や住民名のほか、一人一人の思い出がびっしりと書き込まれています。


「そうだわ、ここに大きな施設があったのよ。」
「あ、この通りの角のところですよね。」

かつての町を知る方と、模型の制作に携わった学生さんの会話は
まるで古くからのご近所さんのようでした。
模型を通して記憶を継承する『ふるさとの記憶 一関展』は、
8月10日までの開催です。

■失われた街 復元模型プロジェクト展 ふるさとの記憶 一関展
期間:7月26日(土)~8月10日(日)、期間中無休
時間:9:00~18:00(最終入場17:30)
入場料:無料
場所:岩手県一関市 なのはなプラザ2階 にぎわい創造センター
(JR一ノ関駅より徒歩10分)
サイト: http://losthomes.jp/ichinoseki/

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする