牡蠣まつり福興市!

212

先週日曜、2月23日。
福興市は今回も晴天。


この日は題して「志津川湾春つげ牡蠣まつり福興市」。
養殖ガキの収穫回復傾向を祝し、満を持しての開催です。

「売るものが何もなかった状態から
 数年ぶりの牡蠣まつり開催に漕ぎつけました。
 今日は腹いっぱい食べていってください!」(佐藤町長)

シュプレヒコールの背後に揚がるのは、のろし?
いや、蒸し器からの湯気。

会場横付けのトラックから大量の牡蠣が運び出されます。
戦の始まりです。

場内で殻つき牡蠣の販売が始まりました。
手のひらを超える大きさで、なんと2個100円。
蒸すなり焼くなりご自由に!


会場いっぱいに漂う磯の香り。

一般の出店ブースにも牡蠣、カキ、かき。



志津川漁協がこの日用意した殻つき牡蠣は3000個。
売れ足の速さに途中から購入数制限がかかったものの、
午前中で完売してしまいました。

「私の調べによると、今日の来場者数は1万5,000人を超えているね。」
                  (福興市実行委員会 及川善祐会長)
ええと、牡蠣の数量と計算が合わない気が・・・
とにかく町中の牡蠣が食べ尽くされたのは間違いないようです。

まだ雪の残る中、
足元ぬかるむ会場に多くのお客様・ボランティアさんがお越しくださいました。
ありがとうございます。




次回福興市は3月末開催予定とのこと。
春の南三陸、新鮮わかめが盛りだくさんです。

あ、もちろん牡蠣もまだまだ食べられますよ!

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする