おすばで祭り福興市!

207

年末12月29日、朝8時。ベイサイドアリーナ隣の会場にて「志津川湾おすばで祭り福興市」が開会されました。

おすばで祭りといえば、アワビやタコ三陸の恵みが所狭しと並べられ、場内は遠方からの買い物客でごった返し
誰もが発泡ケースに冬の幸をパンパンに詰め込んで帰るという南三陸町1年の最後にして最大の祭。

水産業回復傾向の表れでしょうか、今回は昨年のおすばで祭りに比べ商品数を増やしているお店が多いようです。

お買い物し放題のそんな日に、あえてわたくし。

販売側に回ってみました。

今回お手伝いに入ったのは「串カキ」屋さん。町内産のカキとネギを串に刺し、フライにしてお出しします。

「要するにカキフライだべ?」違います!カキとネギのバランス、薄い衣へのこだわり、そして大阪名物「串カツ」を彷彿とさせるソース付けシステム(2度付け厳禁)。

町の食いしん坊で結成された団体「南三陸あじわい開発室」による完全なるオリジナルメニューです。タルタルソースも合うんです。

「うまい!もう1本!」、「揚げたて5本くださーい。」会計や品出しをお手伝いすること3時間。まだ午前中のうちに、串カキ360本が見事完売となりました。ありがとうございます!

祭りは昼過ぎに終了。福興市は今回が第30回、皆さんの撤収作業も手慣れたものです。会場は陽の高いうちに元の駐車場の姿に戻っていました。

町の商売人の底力が生み出した福興市はお客もスタッフもわくわくできるお祭りとなりました。
2014年は1月26日、2月23日の開催が告知されています。お買い物だけではない楽しみ方を、あなたも探しに来ませんか?

いいね!して
南三陸を応援

フォローする