ペレットストーブの購入補助に関して

237

昨日に続き晴天の朝。空気が澄んでいるため空も青く気持ちが良いです。

本日は、10月の広報にも掲載されている「ペレットストーブの購入補助について」町からご案内をします。

町では、自然環境に優しいバイオマスエネルギーである木質ペレット燃料の利用を推進しており、新たにペレットストーブを購入・設置される方に対して、「宮城県」と「南三陸町木質バイオマスエネルギー利活用推進協議会」から補助金を交付します。

<< ペレットストーブの購入補助について >>
◇事業内容
・県補助 ・・・ 購入・設置に係る事業費の2分の1以内 (上限10万円)
・協議会補助 ・・・ 県補助残額の2分の1以内 (上限25万円)
◇募集期間: 産業振興課までお問合せください。
◇受付台数: 50台(先着順)
◇申込先 : 南三陸町木質バイオマスエネルギー利活用推進協議会(事務局:産業振興課)
◇問い合せ: 産業振興課 農林業振興係 (0226-46-1378)

今回の補助を利用することで、通常であれば35万円~60万円かかる工事・設置費を、13万円~25万円にまで抑えることができます。ここまで手厚い補助が出るのは全国的にも珍しいようです。

(南三陸町ペレットストーブ導入ガイド 表・裏 ※写真をクリックすると拡大できます。)

下の写真が、「細かく砕いた木を小さく固めたもの」である木質ペレット燃料。ぎゅっと圧縮されていて持ち運びやすい上に、100%木質資源で作られているので安全です。

そんな木質ペレット燃料を利用したストーブがペレットストーブです。町役場の1階やコアラ館、さんさん商店街フードコートなど町内で約50台の普及が進んでいます。

運転中は、ストーブの中の炎が見えます。焚き火の感覚に似ていて、ぼーっと火を眺めていると落ち着きます。

この木質ペレット燃料の最大のメリットは、持続可能な資源であること。日本の国土の約7割は森林であり、そこで発生している未利用の間伐材や端材を持続的に利用することができます。さらに、林業の活性化にも繋がりますし、災害などのいざという時の燃料にもなります。

震災後、これからの新たなエネルギーの在り方が模索されていますが、南三陸町では、地域の資源を有効に活用することによる「エコタウン化」を目指していきます。

■南三陸町木質バイオマスエネルギー利活用推進協議会(南三陸町産業振興課内)
住所:志津川字沼田56番地2
電話:0226-46-1378

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする